* NEWS!! *



王子動物園のユキヒョウ「ティアン」(オス・13歳)が9月11日に急死しました。
死因は現在調査中です。
これまで体調不良等はみられませんでしたが、11日の早朝に寝室で倒れているところを飼育員が発見し、死亡を確認しました。
ティアンは2006年に来園した後、メスの「ミュウ」との間で繁殖に取り組みましたが、2頭の間に子供は生まれませんでした。
国内管理計画に基づき2012年には「ミュウ」は名古屋市東山動物園に転出し、新たに東京都多摩動物公園からメスの「ユッコ」を迎え、繁殖に取り組んでいました。
ティアンへの献花台を13日より王子動物園円形猛獣舎2Fユキヒョウ展示場南側に設けます。
■ユキヒョウ「ティアン」
2003年(平成15年) 6月12日  フランス Les Felines d’Auneau
                    (レ・フェラン・ド・ノー)動物園生まれ
2006年(平成18年) 3月31日  神戸市立王子動物園に来園


■当園のユキヒョウ ※「ティアン」を除く
ユッコ(メス・7歳)
2009年(平成21年) 5月2日   札幌市円山動物園生まれ
2010年(平成22年)11月14日  東京都多摩動物公園に来園
2012年(平成24年) 3月14日  神戸市立王子動物園に来園


■ユキヒョウについて
・分類:哺乳類食肉目ネコ科ヒョウ属
・英名:Snow Leopard  ・学名:Panthera uncia
・生息地:中央アジアの標高2,000〜6,000mの高地に生息。
・特徴:尾は丸みがあり、厚い毛で覆われている。イノシシやシカ、ノウサギなどを
 主食にしている。
 繁殖期は1〜5月で、妊娠期間は約100日。

国内のユキヒョウの飼育状況(2015年12月31日現在)
10園館 21頭(オス10頭、メス11頭)


ページトップへ



平成28年8月8日(月)にチャップマンシマウマの赤ちゃんが誕生しました。
父親「凪斗(ナギト)」と母親「ラブ」の間で生まれた5頭目の赤ちゃんです。
赤ちゃんは誕生日から公開しており、母親に寄り添って元気に歩く姿を見せてくれています。
・性別:オス ・体長:約100cm
・体高:約100cm ・体重:約35kg
■父親:「凪斗」(11歳)
    2005年5月9日  みさき公園生まれ
    2009年4月22日 神戸市立王子動物園に転入
■母親:「ラブ」(11歳)
    2005年1月28日 到津の森公園生まれ
    2010年3月10日 神戸市立王子動物園に転入
■第一子:「ピース」(オス・5歳)
    2011年6月12日 神戸市立王子動物園生まれ
    2012年5月9日  名古屋市東山動物園へ転出
■第二子:「チャッピー」(オス・3歳)
    2013年4月16日 神戸市立王子動物園生まれ
    2014年5月21日 アドベンチャーワールドへ転出
■第三子:「マナ」(メス・2歳)
    2014年5月15日 神戸市立王子動物園生まれ
    2015年4月22日 姫路セントラルパークへ転出
■第四子:「風(ふう)ちゃん」(メス・1歳)
    2015年6月13日 神戸市立王子動物園生まれ
    2016年5月25日 アドベンチャーワールドへ転出

ページトップへ

3〜11月の火曜・木曜・土曜に開催しておりました「ホッキョクグマのドボンタイム」は当面の間、休止いたします。
ホッキョクグマの「みゆき」は現在25歳です。
やや高齢のためか、最近あまり積極的にプールに飛び込まなくなりました。
あまり無理をさせず、のんびり余生を過ごしてもらうためですので、ご理解のうえ、ご了承くださいますようお願いいたします。

■みゆき(メス・25歳)
  1990年(平成2年)11月30日 天王寺動物園生まれ
  1992年(平成4年)1月20日  王子動物園に来園


ページトップへ

 
◆内 容◆
コアラの餌であるユーカリの葉を、実際に触ったり、匂いを嗅いでもらいながら、飼育係員が来園者にコアラやユーカリに関する解説をします。

◆実施日時◆
毎週日曜日の午後2時ごろ
(開始前に園内放送します。)
◆実施場所◆
動物とこどもの国
コアラ舎出口付近

※いずれのイベントも天候や動物の体調により、中止となる場合があります。


ページトップへ